高反発マットレスは体圧分散に優れている!

マットレスには、綿素材のマットレスやスプリング式マットレス、ウレタン系素材のマットレスなどがあります。
中でも高反発ウレタン系素材のマットレスは、腰痛や肩こりなどの改善効果に優れています。
反発力が強いため、身体が沈み込まず、睡眠中に悪い姿勢になることを防ぎます。
さらにこの高反発マットレスは、高反発とは別に、体圧分散と呼ばれる機能に優れています。
これは、お尻など局所的に大きな圧力が加わった際に、その圧力をマットレス全体に拡散させる機能のことです。
体圧が分散されるため、マットレスが部分的にへこむことが少なくなり、身体への負荷が最小限に抑えられます。
体圧分散機能のあるマットレスであれば、腰や肩だけでなく、全身の痛みが軽減されます。

高反発マットレスで睡眠姿勢が改善する!

高反発マットレスは低反発のマットレスに比べ、身体をホールドするような包み込まれるソフトな感覚はありません。
高反発の特徴としては、睡眠時に身体の自然な姿勢を保つのに必要な硬さと柔らかさを備え持っているということです。
睡眠時間は人それぞれですが、1日の間で寝ている時が一番同じ姿勢を長時間キープすることになります。
そのため、睡眠姿勢は私たちの身体に大きな影響を与えています。
横になった時に負荷のかかりやすい腰や肩周辺は、その影響を受けやすく腰痛や肩こりなどの症状を引き起こす原因にもなります。
高反発マットレスは、睡眠時の背骨のカーブを自然なSカーブに保ち適度なホールド感で身体に掛かる負荷を分散させることで睡眠姿勢をより自然な状態でキープしてくれます。
睡眠姿勢を改善してくれる高反発マットレスで快適な睡眠時間を手に入れましょう。

高反発マットレスで腰痛対策ができる

高反発マットレスは適度な硬さで身体が沈み込まないので、体圧分散がしやすくなっています。
そのため腰痛対策としておすすめです。
逆に柔らかめのマットレスの場合、仰向けになった際に身体が沈み込んでしまい、特に腰の部分に体圧がかかりやすくなっています。
身体が沈み込んだままだと寝ている最中の寝返りもうてないので、翌朝、身体が凝り固まっている場合もあります。
このようなマットレスでは腰痛は改善されずに場合によっては悪化してしまう可能性があります。
しかし、高反発マットレスは寝返りもしやすく、体圧が一点に集中することがないので腰の負担を軽減することができます。
このようなことから腰痛持ちの方には腰の負担を少しでも和らげることのできる高反発マットレスがおすすめです。

通気性が高い高反発マットレスで睡眠の質が高まる

マットレスを選ぶときに注意したいポイントは3つあります。
1つめは高反発マットレスであることです。
高反発マットレスは体圧を分散させる効果があるため、腰などの一部が圧迫されることがありません。
2つめはマットレスの厚みがあることです。
マットレスが薄いと、高反発による体圧分散効果が弱くなります。
また、厚みがあれば、不使用時にマットレスを立てて陰干しすることができます。
3つめは通気性があることです。
通気性がないと寝苦しく、寝汗をかきやすくなります。
寝汗が原因でマットレスにカビが生え、マットレスの劣化が早まりますし、何より健康被害も心配です。
購入したマットレスの通気性が悪い場合は、敷きパッドの使用をお試しください。
賢く選んで睡眠の質を高めたいですね。

耐久性が高い厚みがある高反発マットレスがおすすめ!

一日の疲れをしっかり取るためには、寝具のクオリティが大事になってきます。
安いものを使ってしまうと疲れを取るどころか、逆に疲れが増してしまうケースがあります。
そこで、価格は高くなりますが、高反発マットレスの使用をおすすめします。
高反発マットレスを利用すれば、正しい姿勢のまま寝ることができるので、体への負担を最小限に抑えることができ、翌朝スッキリ起きることが可能になります。
高反発マットレスは決して安いものではないので、耐久性の高い、長く使い続けられるものを選ぶべきです。
厚みがあり、耐久性の高いマットレスは結構な額になりますが、それだけの性能があるのでお金をかける価値は大いにあります。
何でも良いという考えはナンセンスです。

マットレス