高反発マットレスの寿命はどれぐらい?

高反発素材とは硬くて体が沈みこまないことが特徴としてあげられます。
また、この反対である低反発素材は柔らかく体が沈み込むものです。
高反発素材は弾力性があり、重みをかけても沈み込まないため、耐圧を分散させ体への負担がすくなく、寝返りをしやすい特徴があります。
一晩で寝返りをする回数は大人で約20回と言われており、寝返りにより睡眠時の体を柔軟に保つことが出来ます。
この寝返り回数が少なくなると骨が曲がり腰痛の原因にもなってしまいます。
そのため、寝返りのしやすい高反発マットレスを選ぶ方が疲れが取れやすい傾向があります。
マットレスはへこみが出てきたときが寿命とされており、高反発マットレスの場合は4〜5年となっています。

高反発マットレスはクッション材によっても寿命が違う?

高反発マットレスの機能性にこだわりのある消費者の数は、年々増加しており、クッション材の寿命をきちんと見極めることで、良質な商品を買い求めることが可能です。
特に、大手のメーカーの最新商品については、通販サイトやホームセンターなど取り扱われる機会が増えてきていますが、それぞれの商品の品質をチェックするにあたり、利用者の体験談に目を通しておくことがおすすめです。
高反発マットレスのクッション材の選び方については、初心者にとってすぐに理解をすることが難しいため、各方面の関係者にアドバイスをもらうことで、地道に知識を得ることが良いでしょう。
そして、早いうちに複数の商品の使い道を確認してみることが肝心です。

高反発マットレスの使用期間が長くなると腰に負担がかかる?

高反発マットレスは低反発マットレスに比べて通気性や耐久性が高く、その反発力に体が支えられて正しい睡眠姿勢を保つことができるという特長があります。
体圧分散性を兼ね備えた高反発マットレスは体の一部に負担がかかるのを防ぐため、特に腰への負担も軽減されて腰痛に効果があると言われています。
しかしながら、使用期間が長くなると逆に負担がかかるともいわれています。
この理由として、不適切なマットレスの選択やマットレス自体のへたりが一因と考えられます。
反発力が強いマットに対して自身の体重が軽ければ適切な支えを得ることができず、腰が浮いてしまうため腰痛の悪化につながります。
適したマットを使っていても長期使用によって支える力が弱くなってくると負担が出てきてしまう可能性があります。
購入の際には保証期間の長いものを選び、自分の体に合ったマットレスを使用することが大切です。

高反発マットレスを定期的に逆に使うと寿命が長くなる?

少し前は低反発マットレスが人気でしたが、最近では多くの有名なアスリートなどが愛用していることから高反発マットレスの人気が高くなっています。
人は寝ているときに重い腰の部分が普通のマットレスでは深く沈んでしまうため、身体が不自然な形に曲がってしまい腰に負荷がかかっていましたが、高反発マットレスは睡眠時に身体への負担となる体圧を分散する効果がありますので、腰痛の改善や快眠できることから多くの方に指示されています。
高反発マットレスは普通のマットレスと比べ、へたりにくく通気性も高い素材で造られているものが多いので、定期的に逆で使用したり、裏返して使用することで一部へ圧が集中することを防ぎ寿命が長くなるといわれています。

高反発マットレスの寿命を延ばすおすすめの使い方とは?

身体をしっかりと支えてくれて、立っている時と同じような姿勢で眠れることから腰などにも非常に良いとされ人気が高い高反発マットレスですが、高反発マットレスの寿命は長くて10年ほどとされています。
長くても10年になりますので、品質や使い方次第でそれよりも早く寿命が来てしまうことも少なくありません。
では、高反発マットレスの寿命を延ばすおすすめの使い方とはどういった使い方なのかですが、簡単な方法としては位置を変えるというものです。
上下を逆にしたり裏表を変えることで、負荷が分散されるので長持ちするのです。
また、汗などで湿気を持った状態はカビの原因になったり、品質劣化に繋がるので干す作業を定期的に行うことも大切になります。

マットレス