高反発マットレスは体圧分散性が高い

高反発マットレスに明確な定義はなく、ゆっくりと沈み込みゆっくり復元する「低反発マットレス」に対して、同様に沈み込むけれども一定のところで止まり押し上げる反発力の高さを持つマットレスに使われる総称なのです。
高反発マットレスの特徴として、体圧分散設計、耐久力の高さ、通気性の良さ、一定以上の厚みなどが挙げられます。
高反発マットレスを選ぶ上で重要なポイントは体圧分散性が高いということです。
柔らかいマットではどのような姿勢で寝ても腰の部分が沈み込む体勢になるため腰への負担がかかってしまいますが、一方、高反発マットレスはマットの押し返す反発力によって支えられるため、正しい睡眠姿勢を保つことでリラックスした深い眠りや腰痛改善などの効果を得ることができます。
この体の一部に負担がかかり過ぎるのを防ぐ性質を体圧分散性と呼び、アスリートにも選ばれるような上質な高反発マットレスには欠かせない機能となっています。

体圧分散性が高いから寝返りがしやすい

毎日の睡眠の質を高めるためにはマットレスの存在は非常に大きなものになります。
そんな中で近年非常に注目が高まっているのが高反発マットレスです。
スポーツ選手などでも使用者が多いこの高反発マットレスですが、その名の通り高反発になっていてしっかりと体を支えてくれるので腰痛などを抱えている人などにも人気が高いです。
この高反発マットレスが何故良いのかというと、体圧分散性に優れているということです。
反発力が低いと体がゆっくりと沈んでしまい包まれている感じになってしまうのですが、そうすると埋まっている状態になるので寝返りがしにくくなってしまいます。
高反発マットレスは体圧分散性が高いので寝返りもしやすく快適な睡眠をサポートしてくれるのです。

寝返りがしやすいと腰痛になりにくい

腰痛に悩まされている方には、ぜひ高反発マットレスをおすすめします。
なぜ高反発マットレスが腰痛に効果があるのかというと、それは寝返りの打ちやすさにあります。
そもそも高反発マットレスには、適度な硬さで体が沈み込むことがないという特徴があります。
そのため、体を軽く動かすだけで簡単に寝返りが打てるので、血行不良による腰痛を防ぐことが出来ます。
適度な寝返りは、血行を良くしてくれるので腰痛をやわらげてくれます。
また、それと同時に、高反発マットレスは、体全体の圧力を分散されるという特徴もあり、身体の一部分にのみ負担がかかるということがないので、寝ている最中に身体が歪んで腰に負担がかかることもなくて、楽な姿勢で眠れるというわけです。

睡眠姿勢がよくなるから寝心地がいい

高反発マットレスは姿勢矯正に効果的です。
人間の睡眠姿勢は無意識に全身でバランスを取ろうとして歪みが出てきてきます。
長時間同じ体制を続けていると筋肉が硬くなってしまいます。
睡眠姿勢では立ち姿がそのまま横になることが良い事です。
高反発マットレスは硬くて寝心地が悪いイメージですが寝返る時の睡眠姿勢が良くなります。
マットレスの反発力が高いため、自然に寝がえりを打つ時には無駄な力や筋肉を使わなくていいので結果的には寝ている間の姿勢を良くしてくれます。
低反発だと柔らかいソファーのような上で寝るような感じで寝がえりを打つ時は自然に無駄な力を入れてしまい、睡眠姿勢が悪くなります。
横向きに寝ている姿勢で背骨がまっすぐになる状態が一番良い姿勢です。
柔らかいマットレスやお布団では体が沈んでしまい背骨が曲がります。
背骨が曲がったまま眠っていると腰痛や肩こりの原因となるのです。
睡眠姿勢が良いと寝心地も良いですね。

通気性に優れた高反発マットレスで夏も快適!

高反発マットレスは、低反発マットレスが話題になった後で、広まっていった寝具です。
低反発マットレスも高反発マットレスも、良いところもあれば悪いところもあります。
悪いというのは語弊があり、要は自分が何を必要としているかによって、良くもなり悪くもなるわけです。
例えば、低反発マットレスは包み込むような寝心地の良さを体感できますが、腰や肩が悪い人にとっては、高反発マットレスの方が体圧のかかり方から良いとされます。
また、寝返りも高反発マットレスの方が打ちやすいのです。
そんな高反発マットレスにも色々な商品があり、選ぶのに悩んでしまいます。
これから梅雨や夏を迎える時期として一番着目したいのは、通気性です。
通気性が悪いと、汗や湿度の高さから湿気ってしまい、ダニや菌などの温床となってしまうのです。
そうなったら、せっかく高価なマットレスが台無しなので、気を付けて選びましょう。

マットレス