高反発マットレスは単なるウレタンのマットレスより耐久性が高い!

ウレタン製のマットレスは耐水性はあるが強度が劣るという特徴があります。
しかし、高反発マットレスは密度が高いので耐久性に優れています。
各社それぞれ工夫を凝らしていますが、耐久性の高さは商品により違いがあります。
腰痛対策としてはへたってしまったマットレスはおススメできません。
高反発マットレスは結構値段が張りますので、効果の高さを重視するなら耐久性は大切なポイントだと考えられます。
高反発マットレスは高額なために敬遠されがちですが、安価なマットレスを数年毎に買い換えるよりも、睡眠の質を維持しつつも耐久性の高い高反発マットレスのほうがライフタイムバリューが高い商品と言えるでしょう。
公式サイトで耐久テストを実施した結果が記載されてる高反発マットレスが良いでしょう。

高反発マットレスは単なるウレタンのマットレスより通気性がいい!

高反発マットレスの特徴のひとつに
通気性の高さが挙げられます。
人間は一晩でコップ2杯分の汗をかくと言われていますが、
通常のウレタンマットレスの場合、通気性が低いものが多いため、
この汗を吸いこんでしまうことでマットレス湿ってしまい、
不快な状態になるだけでなく、ダニの温床となってしまうことも少なくありません。
高反発マットレスは通気性が高く、汗を吸い込むことが少ないので
快適に使え、衛生面も高いものが多いです。
この通気性の良さは耐久性にもつながり、
長年使うことができるので、価格的には少々高いものですが
安いウレタンマットレスを毎年買い換えるよりも
トータル的にはお得な商品と言えます。
通気性の良さと衛生面の高さに優れた高反発マットレスは
これから寝具の買い替えを考える際におすすめできる商品です。

高反発マットレスは単なるウレタンのマットレスより腰痛に効果的!

寝心地が良く、肩こりや腰痛にも効果があると人気の高反発マットレスですが、
実は、2種類の高反発マットレスがあり、使われている素材に違いがあります。
ひとつ目は、ウレタン系素材のマットレスです。
高反発力が優れているので、寝返りの際も補助してくれる役割をしてくれます。
反面、気温によって、柔らかくなったり、固くなったりと変化があります。
2つ目は、高反発網目繊維構造素材で出来たマットレスです。
あまり聞き慣れませんが、各自の会社で研究開発された素材なので、メーカーによって、
マットレスの厚さや機能に若干の違いがあります。
高反発ウレタンとの大きな違いは、体圧分散機能があるので快眠のみならず、腰痛対策にも人気があります。

高反発マットレスは単なるウレタンのマットレスより睡眠姿勢がよくなる!

皆さんは就寝時にどんなマットレスをご使用でしょうか?
マットレスには様々な種類がありますが、一般的なのはウレタンマットレスです。
その他に高反発マットレスなどもございますが、快適な就寝時の睡眠姿勢を保つのであれば、ウレタンよりも高反発マットレスの方がお勧めです。
ウレタン素材のマットレスは硬さが均一になっている為、寝姿勢に合わせて柔らかさを変えるという事が出来ません。
一方高反発マットレスは寝ている姿勢に合わせて沈み込むので、理想的な睡眠姿勢を維持する事が出来るのです。
しっかり寝ているのに疲れが取れない、肩が凝る、腰が痛くなる等の症状はマットレスが体に合っておらず、最適な睡眠姿勢を保てていない為に起きてしまいます。
これらの不快な症状を改善する為にも、睡眠姿勢がよくなる高反発マットレスがお勧めされているのです。

高反発マットレスは単なるウレタンのマットレスより寝返りがしやすい!

高反発マットレスは体圧を適度に分散し寝姿を正しい姿勢にキープしてくれることで、ウレタンなどの一般的なマットレスよりも寝返りがスムーズにできるのが特徴です。
柔らかすぎるマットレスでは体がすっぽり埋まってしまうことで寝返りはうちにくくなり、固すぎるマットレスでは体が痛くなるため寝返りを頻発してしまいせっかく寝たのに余計に疲れてしまうことになります。
人間は睡眠中に寝返りをだいたい20回前後するのが適正な回数と言われており、それには仰向けの体勢だけでなく横向きになったときにも正しい姿勢でいることが求められます。
低反発マットレスのように体を包み込んでくれる寝具も気持ちのよいものですが、心地よい寝返りを求めるのなら高反発マットレスを試してみるのもひとつの手です。

マットレス