高反発マットレスはメーカーによって厚みも違う

高反発マットレスは快適な睡眠を提供してくれるので、一般的なウレタンマットなどよりもお勧めされています。
ただ、「高反発マットレスならどれでも良い」という訳ではありません。
メーカーによって厚みが異なる
高反発マットレスを製造しているメーカーは多数ありますが、製造メーカーによって厚みなどが変わってきてしまいます。
厚みが変わると寝心地も変わってしまう為、折角高反発マットレスに替えてもその恩恵を受ける事が出来ない事も考えられます。
特にシングルのマットレスを購入する際はメーカーによって質が全く異なってきますので、実際に自分の目で見て確かめてから購入する事が一番良いでしょう。
メーカーによってお値段も変わってきますが、やはり良い寝具は体調面でも精神面でも良い影響を与えてくれます。
寝具を選ぶ際はマットレスの厚みなどもしっかり見極めて選ぶ様にしましょう。

高反発マットレスはメーカーごとにサイズが違う

高反発マットレスを購入する時には、メーカーによってサイズや厚みが違ってきますので、サイズを確認してから購入することが必要です。
高反発マットレスを通販で購入する時には、通販サイトの商品説明欄にサイズが記載していますので、いろいろなメーカーのサイズを比較することができます。
シングルの高反発マットレスのサイズで多いのは、横幅が1メートル程度で、縦幅が2メートル程度のものです。
厚みに関しては、4cm程度の薄いものから10cmを超える厚さのものまで、いろいろな厚さがあります。
寝心地を重視したい人は、10cmを超える厚みのマットレスがオススメです。
厚みのある高反発マットレスは、腰痛持ちの人にも適しています。

腰痛を改善したいなら体にあったサイズのものを選ぼう

腰痛改善のためにまず頭に入れるべきは、
「低反発マットレスよりも高反発マットレスを選ぶ」ということ。
柔らかいマットレスの場合、肩や腰付近に体圧が大きくかかるため
そこだけが凹んでしまい、睡眠時の理想的な姿勢が取れません。
そのため、体を沈みこませすぎない高反発マットレスがいいのです。
そして、マットレスはご自身の体に合うサイズのものを選びましょう!
一般的に最低限確保したい幅は体の幅+30cmです。
セミシングルは横幅85cm前後。
小柄な女性や子供なら大丈夫というサイズです。
シングルは横幅100cm前後
一人用として一般的なサイズですが、大柄な方にはちょっと窮屈に感じてしまうかもしれません。
セミダブルは横幅120cm前後。
ダブルとついていますが、一人用としてゆったりと使うことのできるサイズ。
大柄な男性や赤ちゃんの添い寝などにピッタリです。

腰痛を改善したいなら厚みがあるマットレスを選ぼう

腰痛を改善したい人には、適度な厚みがある高反発マットレスがオススメです。
高反発マットレスの欠点は硬いため、低反発マットレスよりも寝心地が劣ります。
厚みのある高反発マットレスは寝心地が良く、ぐっすりと安眠できます。
厚みがあるため反発力も強く、腰がマットレスに沈み込むのを防いでくれます。
シングルの高反発マットレスの多くは、4センチから10センチ程度のものが多く、厚みのあるマットレスは少ないです。
しかし、メーカーによっては10センチを超える厚みのシングルの高反発マットレスを販売しており、このようなマットレスは、腰痛の人に特にお勧めすることができます。
厚いマットレスはネットショップやメーカーの公式サイトで購入できます。

厚みは耐久性の面でも重要!

高反発マットレスは、厚みに自信があります!
一般的にマットレス一枚で底つき感なく成人を支えるのに必要な厚みは10cmです。
これ以下だと横に寝たりした時に、どうしても方や骨盤に底つき感を感じます。
また、毎日使用するものなので、薄いとへたってきてしまいます。
本製品は、充分な厚みがありますので、底つき感もなく、耐久性に優れています!
シングルサイズをご用意しておりますので、マットレスの上げ下ろしも容易にできます。
軽くて場所もとりませんので、お年を召した方にも簡単にマットレスの上げ下ろしができます。
厚くて軽くて丈夫な高反発マットレス、是非お試しになってみてください。
一度使ってみると、今までの布団にはもう戻れません。

マットレス