古いマットレスの処分方法

「新しくマットレスを買い替えようか悩んでるけど古いマットレスはどうやって処分したらいいの?」という疑問はありませんか?
新しくマットレスを買って今日から安眠!と思いたいところですが、古いマットレスは家に置いておくにはどうしてもかさばって場所をとってしまいます。

 

このページでは古くなったものや、使わなくなったマットレスの処分方法をご紹介していきます。

マットレスの処分はどうすれば良い?

マットレスを処分する方法はいくつかあります。

 

・大型寝具の処分をしてくれる業者に依頼
・粗大ゴミとして出す
・ゴミ収集センターに持ち込む
・買い替え時に購入店に処理を依頼
・リサイクルショップに買い取りしてもらう
・自分で解体する

 

それでは順番にご紹介していきましょう。

大型寝具の処分をしてくれる業者に依頼

業者に依頼することで、自宅までマットレスを回収しにきてもらえます。

 

さまざまな大きさや重さのマットレスがありますが、どれも簡単には部屋から運び出すことはできません。

 

自分で運び出す手間やなどを考えると一番簡単な方法といえます。
廃品回収などと調べると地域の業者が見つかるでしょう。
探す際は、一般廃棄物の処理業の許可を得ているかを確認してください。

 

無許可で回収している業者はそのまま不法投棄する場合や、価格も通常よりも法外な金額を請求されてしまう場合があります。

 

依頼する場合は、予め電話などでマットレスのサイズなどを伝え、見積を出してもらうとトラブルが起きにくいでしょう。

粗大ゴミとして出す

住んでいる自治体の指示に従って粗大ゴミとして出すという方法もあります。

 

基本的には、粗大ごみの処分費用として、粗大ゴミの処分シールを購入する場合が多いようです。

 

しかし、収集場所までは自分で運ぶ必要があるので、女性や高齢の方は難しいかもしれません。
粗大ゴミとして出す場合は、マットレスが収集場所を塞いだり、倒れてしまわないように注意しましょう。

ゴミ収集センターに持ち込む

粗大ゴミとしてマットレスを回収してもらえない場合は、直接収集センターに持ち込むこともできます。

 

ただ、マットレスを乗せる為の車が必要になるので、乗せることができるか予め確認しておきましょう。

 

処分費用も自治体によって違ってきます。
持ち込む際は、自治体に住んでいることを証明するものが必要なので、身分証明書を持参するようにしてください。

買い替え時に購入店に処理を依頼

新しくマットレスを購入する店舗によっては、今使っているマットレスを無料で回収してくれることがあります。

 

購入する際に店舗に確認してみましょう。

リサイクルショップに買い取りしてもらう

これはとても難しくなってしまいます。
マットレスは衛生品に分類されるので、買い取りしてもらう場合はマットレスがシミや汚れが無く美品であることや、スプリングがしっかりしていなければなりません。

 

そもそもマットレスの買い取りを受け付けていないリサイクルショップも多いので、これも事前に確認が必要です。

自分で解体する

自分でマットレスを解体して、可燃・不燃・プラスチックなど分別することができれば家庭ゴミとして処分することが可能です。

 

しかしこれは大変な労力が必要になってくるので、まとまった時間がある人でなければできないかもしれません。

 

マットレスを覆っている布は別として、中にあるスプリングは金属なので、切断するには工具が必要になってきます。

 

「解体を始めてみたけど、やっぱ無理!」となると手に負えなくなってしまうので、挑戦する場合は覚悟が必要かもしれません。

マットレス