マットレス交換のタイミングは?寿命を延ばすコツ

そのマットレス、交換の時期かも?劣化のサインをチェック!

エステナードソニック

普段就寝時に使っているマットレスは購入から平均10年ほどで劣化してきます。
丈夫に見えるマットレスの内側は実は傷んできているかもしれません。

 

劣化してくると睡眠の質が低下してきたり、身体に負担がかかかることもあるので注意が必要です。

 

劣化のサインを意外と見落としていることもあるのでこの機会にチェックしてみてください。

ベッドの一部が凹んでいる

布団やシーツを取り外して、まずはマットレスをよく見てみましょう。
腰やお尻の位置であるマットレス中央部を触ってみて、陥没していたり、明らかに凹んでいる場合、買い替えを検討しましょう。

 

マットレスの一部が凹んでいると、その箇所だけ身体が曲がることになるので、テンションがかかってしまう為、身体が休まりません。
寝起きで身体が重いという方はマットレスに原因があるかもしれません。

スプリングがギシギシときしむ

ベッドに乗った時にギシギシと音がする場合、中のスプリングが劣化している場合があります。

 

ベッドフレームとマットレスのズレからきしむ場合もあるので、一度マットレスの位置を調節してみてください。
それでも音が消えない場合は交換時期といえるでしょう。

マットレス表面の生地が破れている、寝ているとスプリングを感じる

マットレスの生地が擦れて薄くなってくると、スプリングの感触が感じられることがあります。
スプリングやコイルの感触がはっきりわかるような場合は、早急にマットレスの交換をおすすめします。

 

マットレスが擦り切れてスプリングやコイルが出てきた場合、怪我をすることもあるので気を付けてください。

寝返りが昔より多くなった

大きなストレスを抱えているか、体調を崩している場合を除いて寝返りの回数は大きく増えることはありません。

 

「原因は思いつかないけど寝返りの回数が増えている」という人はマットレスの劣化が原因かもしれません。
上でも書いた通り、マットレスの一部が沈んでいたり、硬くなっていると寝ている間の血行が悪くなって、無意識のうちに寝返りの回数が増えてしまいます。

 

そのまま放置していると寝返り回数が増えて寝つきが悪くなったり、熟睡できなくなる場合があります。

マットレスの寿命を延ばすコツ

高反発マットレスの寿命は平均で10年といわれていますが、ちょっとしたことを意識するだけで寿命を延ばすことができるのです。

 

・マットレスの表と裏を定期的に返しながら使用する。
・日陰で干すようにする。

 

この2つです。
それでは、どうしてこの2つをするだけで寿命が延びるのか、その理由を見ていきましょう。

マットレスの表と裏を定期的に返す

3ヶ月や半年に1回でもいいのでマットレスの表裏・上下を返して使用していきます。

 

これをすることで、マットレスに身体を置く位置が変わることになります。
これによりマットレスのスプリングや素材が劣化することを防ぐことができるのです。

 

重さがあるマットレスの場合、大変かもしれませんが、3ヶ月に1回を目途にローテーションで向きを変えてみてください。

日陰で干すようにする

多くのマットレスは、商品の注意書きに書かれています。

 

日光に当ててしまうとマットレスの素材が熱劣化してしまう場合があるからです。
このため多くのマットレスは日陰で干すことが勧められています。

 

日陰で風通しの良い場所に立てかけ、湿気を逃がしましょう。

 

こうすることでマットレスに溜まった湿気が逃がすことができます。

 

マットレスに湿気が溜まってしまうと反発力が下がってしまうので、高反発マットレスでも柔らかく感じてしまう場合があるのです。

 

1ヶ月に1回を目途に湿気を逃がすことができるとより、長くマットレスを使えるでしょう。

マットレス