高反発マットレスは肩こりにも効果がある?

普段から肩こりに悩まされている人は多いです。
湿布を貼ったりマッサージをしたりと様々な対策がとられていますが、なかなか効果が現れずに苦しんでいる人がいます。
そんな人には高反発マットレスがおすすめです。
高反発マットレスは、弾力性があって反発力が高い固めのマットレスです。
身体が沈み込むことが無いため、寝返りが打ちやすく肩や腰に負担がかかることもありません。
そして、高反発マットレスには、体圧分散効果があるため、寝る体勢を取った時にマットレスにかかる体の圧力を分散させることが出来ます。
そのため、一部に圧力がかかって痛みが出るということもなく、体がS字カーブを描いた状態の睡眠姿勢を取れるので、肩にも負担がかからないというわけです。
これらの理由から、高反発マットレスは肩こりに効果のあるマットレスだと言えます。

高反発マットレスで寝ると疲労感が残らない?

肩こりや腰痛に悩まされている方は、寝具に高反発マットレスを使用すると症状の改善が見込めますのでお勧めです。
高反発マットレスは体の沈みこみを最大限抑え、理想的な体勢での睡眠を実現しますから、結果疲労感を残さない快眠を得ることができます。
その高い機能に加え通気性の良さ、湿度に強い材質、持ち運びも簡単な重量など、手入れや保存の面でも大変優れているのが高反発マットレスの特徴です。
反発力や密度、マットレスの大きさなどで価格は大きく変わってきます。
経済状況によって商品を選ぶこともできますし、より品質のよいものを求めるのもよいでしょう。
疲労感を残さないためには正しい姿勢の睡眠が欠かせませんから、是非高反発マットレスでの睡眠を行ってください。

布団で寝ると首と肩に負担がかかる?

布団で寝て、起きたときに肩や背中が痛くなっていたことはありませんか。
寝違えたのかなと思い、それほど気にしていないのかもしれませんが、熟睡しているかどうかということになると大いに疑問が残ります。
肩こりは特にパソコンやスマホ、テレビといった電化製品の光に対して目が疲れることで肩の疲労を感じるようになるといわれていますが、実は寝ている姿勢も関係していることがわかっています。
布団の場合には体全体がずっしりと沈み込んでしまうため、寝返りを打つとき、横向きや仰向けで寝ているときに体全体がアンバランスになりがちです。
首も合わない高さの枕を使っているとやはり沈み込んでしまうため、動かすのに余計な力が必要となります。
その点高反発マットレスを利用すれば、体を軸や点で支えてくれるため、圧力が分散して首や肩、背中に負担がかからなくなります。

高反発マットレスは首や肩に負担がかからない?

ぐっすり寝たはずなのに朝起きたら体が痛くてスッキリしないという経験がある方や肩こりに悩んでいる方は、寝具に問題がある場合が多いです。
柔らかくふっくらした布団やマットレスは横になった時とても心地よいですが体を包み込んでしまうので肩こりを悪化させる原因になります。
逆に固い高反発マットレスは睡眠中の姿勢で特に負担が大きい首や肩、腰などにかかる体圧を分散してくれるので肩こりの改善に大きな効果があり、寝返りを打つ時の力を最小限に抑えてくれるので疲れてにくく理想の寝姿勢をキープする事ですのでスッキリとした目覚めに最適なマットレスです。
また高反発マットレスは通気性や耐久性にも優れ洗濯のできる素材の物が多く存在します。

高反発マットレスと一緒に使う枕はどんな商品がおすすめ?

高反発マットレスを使用して就寝している方で肩こりに悩みをもっている場合に、おすすめの商品の枕の一つとして、高反発マットレスと同じ硬さという条件があります。
例えば、マットと硬さが違う枕を使って寝ているときに寝返りをうつと、腰の部分と頭の部分で寝返りをうつ速度が異なってしまうため、肩こりにつながる可能性があります。
そのため、マットと同じ硬さの枕を使用することで体全体が同じ速度で寝返りをうつことができるようになります。
しかし、一番大切なことは自分に合った枕を選ぶことです。
高反発マットレスと使用する自分との相性が良い枕を探すことが大切です。
その際に、高さや硬さをきちんと確認することで、より快適な睡眠を実現することが可能になります。

マットレス