シングルとセミダブルは1人用

ベッドのマットレスは、寝心地や睡眠時の身体への負担軽減に大きな影響を与えます。
高反発マットレスはその名の通り反発力に優れ、睡眠中の体圧を分散することで寝返りをサポートし肩こりや腰痛を軽減する効果があります。
柔らかすぎるマットレスでは体が沈み込み、かえって体に負担がかかる可能性があるため、寝具の変更を考えている人におすすめです。
また、寝具を変えても満足な睡眠が得られない場合、シングルサイズのベッドからセミダブルサイズのベッドに変更すると睡眠の質が改善されることがあります。
寝具の大きさとしてシングルやセミダブルといった種類があり、セミダブルは「ダブル」の名称が入っていることから2人用と勘違いされる場合もありますが、実際は1人でゆっくり寝られるサイズのベッドです。
2人で寝る場合はダブルベッド以上の大きさが適してます。

ダブルサイズは2人用

高反発マットレスにはシングルサイズ、セミダブルサイズ、ダブルサイズがあるものが多いです。
一人で寝る人にはシングルサイズを使う人が多いですが、体の大きな方は窮屈に感じるようでしたらセミダブルの方が良い場合もあります。
シングルサイズは標準では横幅100センチが多いのですが、商品によっては少し幅が狭いものもあります。
セミダブルは2人用だと思う方もも多いかも知れませんがシングルとは横幅は20センチの違いなので、並んで寝るには狭いと感じるはずです。
ダブルサイズは2人用です。
セミダブルより20センチ広い140センチの横幅です。
疲れを取るには窮屈に感じずゆとりのあるサイズで寝られるという事が大切です。
高反発マットレスは、ほとんどの商品はダブルサイズまでしかないものが多いです。

マットレスはベッドサイズとぴったりのを選ぶべき?

高反発マットレスの購入を検討している消費者は、全国に大勢いるといわれていますが、事前にマットレスやベッドサイズをきちんと選択することが大事です。
人気のある高反発マットレスの種類に関しては、しばしばネット上で話題となることが増えているため、少しでも商品選びのコツをつかみたい時には、購入者の体験談をチェックしてみることが良いでしょう。
現在のところ、リーズナブルな価格帯の高反発マットレスを選ぶ人が目立ちますが、それぞれの商品の素材やアフターサービスの特徴などを比較することが重要です。
そして、健康的な生活を目指すうえで、空き時間を使いながら、高反発マットレスの使い道をじっくりと調べることが欠かせません。

シングルとセミダブルを迷ったらどっちらおすすめ?

朝起きても体がだるい。
疲れが取れない。
実は睡眠が関係してる場合もあります。
マットレスには高反発マットレスと低反発マットレスの2種類ありますが低反発マットレスは寝ている時に体を固定させてしまうため血流が悪くなり、その結果筋肉が硬直したり安眠の妨げになりがちです。
その点、おすすめなのが高反発マットレスです。
体を下から支えているため無理なく寝返りが打て血流の妨げにならず筋肉を硬直させることはありません。
中には硬くて寝付きにくいという方も見えますが、多くの方から快眠を得られ易いという意見をよく耳にします。
1人で寝る場合のおすすめはシングルよりもセミダブルを選ばれた方がよいでしょう。
寝返りを考慮してゆったりとスペースを取って気兼ねなく睡眠に専念できるからです。
2人で寝る場合は逆にシングル2台を並べると何とダブルサイズよりも広くなるのでこれもまたおすすめです。

一番人気のサイズはどのサイズ?

高反発マットレスはシングルサイズとダブルサイズの2種類のどちらかを購入する人が多いのですが、人気なのはシングルサイズです。
ダブルサイズはシングルを二枚買うより格安にはなります。
そして二枚のシングルのマットレスを並べるスペースが無い場合にはダブル一枚の方が場所を取らずに済みます。
しかし、体重に大きな差がある場合にはマットレスの硬さを体重の軽い方に合わせて購入しなくてはならないのでへたりが早くなり耐久年数が短くなってしまう事も考えられます。
体重の重い人に合わせて購入してしまうと、硬すぎて体が痛くなってしまったりという事が起こる可能性があります。
就寝時間や起床時間が違う場合にも、先に寝ていた人がおきてしまう場合があります。
疲れをしっかり取りたいという場合には、シングルサイズを選ぶ人が多いようです。

マットレス