「ベッドやマットレスを替えてもいまいち寝た気がしない。」
「布団に入っても寝つきが悪い」
「寝ていても眠りが浅くて目が覚める」
という悩みはありませんか?

 

このページでは眠りにつくためには何が大切かご紹介してきます。

ぐっすり快眠する方法

軽度の不眠であれば、生活の中で少し行動を変えるだけでぐっすり眠れる場合がほとんどです。

 

ここではそんな方法をご紹介します。

眠る前にできるだけ光を浴びない

今や様々な世代に普及したスマートフォン。
さらにはテレビやPCディスプレイの光を浴びると身体の交換神経が刺激を受け、脳が昼間と勘違いしてしまい覚醒してしまう原因になってしまいます。

 

こうなってしまうと脳が冴えて眠ることが難しくなってしまいます。

 

睡眠で悩んでいて、もし入眠前にスマホなどを触っているならば、使用を控えることで改善できるかもしれません。

寝る前は食事をとらない

食事をすると、胃や腸などの消化期間は活発になります。
仮に眠りに落ちたとしても身体自体は休息できておらず消化をしている状態です。

 

睡眠に使うはずの力が消化に使われていては身体を休めることができません。

 

ですので少なくとも睡眠の3時間前には食事を済ませておきましょう。

半身浴をする

36℃〜40℃のぬるめに設定したお湯に、ゆっくりと浸かることで血行が促進され体の中心まで温まることができます。
これにより身体が入眠しやすい状態になるのです。

 

眠りに入るとき、人の体温は下がるといわれています。
半身浴をすることで、血流が良くなり、一時的に身体は温まりますが、入眠時に身体の熱が外へ出ていきます。

 

これにより体温がうまく下がることで、ぐっすりと眠ることが期待できるのです。

アロマやお香をたく

日中の仕事などで身体の緊張が解けておらず、うまく睡眠がとれないという方には、心身の鎮静作用があるラベンダーなどのお香やアロマを焚くことをおすすめします。

 

これにより、心身のバランスが整えられ、リラックスした状態になります。

 

ただし、香りが強すぎると、その刺激によって覚醒してしまうため、少し香る程度にしておきましょう。

日の高い間に太陽の光を浴びる

人間は体内時計を持っています。
日中陽の光を浴びておくことで、夜になれば自然と眠気がくるようになっているので、陽の光を浴びることを意識するだけで夜の睡眠が改善するかもしれません。

マットレス